汗の季節である夏に気をつけたい足の臭い

汗をかきやすい夏には体の様々な部分の臭いが気になります。
特に一日中靴と靴下の包まれている足は蒸れやすいため、強烈な足の臭いを発することがあります。

元々足は汗腺が多い部位で、1日に約コップ1杯程度の汗をかいています。
また、靴や靴下を履いているせいで高温多湿になりやすく、他の部位よりも雑菌の繁殖力が高くなり、臭いも強い傾向にあります。

足の臭い対策に重要なのはまず、足を清潔にすることです。
お風呂に入ったらしっかりと石鹸やボディソープで足を洗うようにして、常に清潔にしておくようにしましょう。

また、指の間や爪の間にも汚れや古い角質がたまりやすく、雑菌のえさとなりますから、しっかりと洗っておくのが大切です。

かかとなどの固くなった角質は日中の汗でふやけていまうと、雑菌の格好のえさとなり、足の臭いを強めてしまう原因にもなります。普段から角質ケアをするようにして、古い角質がたまらないようにしておくのが良いでしょう。

また、足の臭いや汗、雑菌などが移ってしまった靴は、しっかりと殺菌効果のあるスプレーなどで殺菌し、しっかりと乾かすようにしましょう。

同じ靴を毎日履かないようにして、数日単位でローテーションさせると効果的です。消臭タイプのインナーもありますから、靴の中に入れて使用すると良いでしょう。

そして、一番臭いが強くなるのが靴下やストッキングなどです。
しっかりと臭い成分や雑菌などを消しておかないと、洗濯してもすぐに足から臭いを発するようになります。専用の洗剤などを使用して、臭いの元を断つようにしましょう。

そして、夏場は日々のフットケアにも力を入れましょう。
締め付けのきつい靴や靴下を避けるようにして、通気性のよいものを履くのが大切です。また、靴下も同様に通気性の良い素材のものを履くようにして、蒸れを極力失くすのが良いでしょう。

そして、足用のデオドラントスプレーもありますし、女性の場合はストッキングの上から使用できるタイプもあります。
最近では足汗を抑えるデオドラント足汗を止める対策なども販売されていますのでそういった商品を使用して、汗とニオイを予防しましょう。

殺菌と消臭効果に優れたフットスプレーを使用して、こまめに汗と臭い対策するようにしましょう。

多汗症の強い味方オドレミン

今年も夏がやってきました。
毎年この季節が来ると汗の対策で頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか?

汗の症状がひどくなり日常生活にも支障をきたすような状態を多汗症といいます。体温調節のために発汗される汗の範囲を超えて、発汗が異常に増加するという症状です。

人によって症状は様々ですが、手、顔、腋の下、はたまた全身に日常生活を送るのに支障が出るほどの汗をかいてしまうという症状です。

デオドラントペーパーやデオドラントスプレー、はたまたロールタイプで塗り込むタイプの制汗剤等々ちまたにはたくさんの制汗剤が出回っています。

これらの制汗剤で汗が止まる場合にはさほど悩む必要はないかもしれません。
しかし、これらの制汗剤を駆使しても汗が止まらないほど多汗症の症状が強い場合はどうすればいいのでしょうか?

これらの制汗剤を用いても汗が止まらないほどの多汗症で悩んでいる人に勧めたい多汗症の最終兵器が「オドレミン」という薬になります。
オドレミンとは、日邦薬品が発売している制汗剤のことです。

成分としては多汗症の治療に使われる塩化アルミニウムを主な成分として使っています。この塩化アルミニウムにより汗腺を物理的に塞いでしまいます。

これにより汗が発汗されないようにして、過剰に出てしまう汗を抑えるというもの、それが今回のオドレミンという薬になります。

このオドレミン、ネットの口コミ等を見ていると多汗症で悩んでいる人にかなりの評判です。その評判のほとんどがこのオドレミンを使って、汗を抑える事が出来たというものです。

使い方は簡単です。汗が気になる部分にオドレミンを2、3滴つけて塗り込むというものです。ただ、オドレミンは肌への刺激が強いので肌が弱い人は注意が必要です。

ただ、オドレミンはあくまで汗を一時的に抑えるものであり、根本的に多汗症を治療するものではないという事は知っておいて下さい。

また、使いすぎると徐々に効果がなくなってしまうので、使用頻度は適度なくらいに保つようにしましょう。

デリケートゾーンのニオイ対策はこまめに

蒸し暑い季節となれば、体のどこかしらに臭いや痒みが出ることがあります。
それがデリケートゾーンだったりすると、何かの時に困ることがあります。
臭いが強くなれば仕事上で気になりますし、それは異性との接触の時にもです。

・デリケートゾーンの臭いは何故出るのか?

股間はワキと同様にアポクリン汗腺が集中して存在する場所です。
アポクリン汗腺は特有のワキガ臭を放ちますが、デリケートゾーンでも同様です。
人によってはほとんど臭わない場合もあり、個人差があるといえるでしょう。

また、性器特有の臭いというのも存在し、女性の場合には生理臭を気にする人は大勢います。暑さで汗が出て、衣服の通気性が悪いと蒸れて、細菌が増えて臭いが出ることもあります。

・デオドラントシートを定期的に交換しよう

デオドラントシート(ペーパー)は、爽快な臭いと殺菌成分を含む制汗シートです。デリケートゾーンの臭い対策なら、デオドラントシートだけでも十分です。
殺菌成分のエタノールが含まれていれば、細菌由来の臭いも除去できます。

1日に臭いが気になったら一度だけ拭くというのではなく、午前、日中、午後と何度か使用することで効果を持続します。

・デリケートゾーンのムダ毛を剃る

この方法はワキガの場合と同じですが、デリケートゾーンの体毛は体臭を吸着してしまうので、臭いが悪化します。体毛が濃い人ほど、この傾向に陥ることがあります。

デリケートゾーンのムダ毛を剃っておくことで、デリケートゾーンの臭いをかなり緩和できます。ムダ毛がないことによって蒸れることを防ぐこともできるでしょう。

脱毛方法は安全カミソリを使用して、数日に一度剃るのは一般的です。
脱毛サロンで永久脱毛してもらったり、自宅で脱毛器を使う方法もあります。
脱毛クリームはリスクが少なく、最も簡単にデリケートゾーンの脱毛ができます。

・デリケートゾーンの手入れはこまめにしよう

放置しておくと体臭は悪化するものですが、こまめに手入れをすることである程度防げます。

日記やメモを毎日つけているなら、デリケートゾーンの手入れをした日時、次にすべき日時などメモすることでも、物忘れを防げます。

お尻から出る汗による体験談とお尻のケア方法

私は職業柄、長時間椅子に座って作業する必要があるので、長い間お尻から出る汗に悩まされていました。

最初の頃は、少し下着が湿っているなと思うだけでそれほど気にしていなかったのですが、汗による染みがスラックスにまで浸透していくのにふと気付き、これはどうにかせねばと解決策を探ることを決意しました。

そうして簡単な対策法として、座りっぱなしであることを避けるため定期的に立ち上がったり、仕事中も水分補給をこまめに取るように心がけました。

これでお尻を汗で濡らすことはなくなると思っていましたが考えが甘かったです。
これは私自身の体質的な問題かもしれませんが、短時間座っているだけでもどうしても熱を感じてお尻から汗が出てしまうようなのです。

それに水分補給は熱中症対策にはなっても、汗を改善する根本的な解決策には到底ならないことを悟りました。

しかしこれ以上良い方法が思いつかず、どうせ少し不快になるだけだから我慢することにしました。それが結果的には大間違いだったのです。

ある日、お尻に何か違和感を覚えたのでお風呂場のガラスで確認してみると、そこには赤くなった汗疹が広がっていました。

お尻に汗を掻くのが習慣となっていた上に、お尻をケアしてこなかったツケが回ってきたようです。

そうして汗疹自体は数日で治りましたが、今度はお尻に黒々としたかさぶたができてしまい、椅子に座ると軽く痛みを覚えるようにまでなりました。

一時は医者に行くことも考えましたが、さすがに場所が場所なので恥ずかしく、結局は自力で治癒することにしました。

そこでインターネットや書籍などで調べたところ、長時間椅子に座るときには何かクッションを置いた方がいいという情報を知り、何故こんな単純なことに思い至らなかったのかと後悔しつつも、それを実践して痛んだお尻のケアに努めることにしました。

するとあれほど発生していた汗は嘘のように激減し、スラックスまで濡らすほどの状態になることはまずなくなったのです。
それに、お尻の痛みも柔らかいクッションのおかげでだいぶ楽になったので、その点でも非常に助かりました。

かさぶたが完全に治るまでは半年ほど時間がかかりましたが、汗の症状が改善したこともありどうにか元に戻すことができました。

ただ椅子に座って汗を掻いただけといっても、その状態のままでいればこのようなことにもなるのだなと私は反省しました。
今後はこのようなことが起きないよう、お尻の汗にも気を遣おうと思います。

汗やワキガの臭いへの対策方法

夏場が近づき暑くなってくると気になるのが汗の臭いです。
汗の臭いやワキガのキツサなど個人差がありますが、対策方法としてはまずは汗の臭いの原因を理解することだと思います。

・汗はかき慣れている人のほうがにおわない。

普段から運動をして汗をかいてる人は汗をかき慣れているので発汗量の割りにはそれほど臭いません。いわゆる良い汗のかき方ができてるわけです。
逆に普段運動をせず、エアコンの効いた涼しい部屋で過ごしてる方が汗をかくと、臭いがキツクなります。これは汗をかき慣れていないため、汗のかき方が下手なんです。

こういう人の汗はネバついていたり、雑菌にとって良いエサになる皮脂が大量に分泌されたり、発汗量がうまくコントロールできず必要以上の汗をかいてしまったりします。
雑菌にとっては良質のエサが沢山になるわけです。
その結果雑菌が大量に繁殖し臭いを発散しています、このように個人差ができてしまうわけです。

・臭わなくするための対策

といっても、急に運動をしたからといっても体質が変化なんてしてくれません。
すでに現在梅雨になっていてもうすぐ夏真っ盛りなので、とても間に合いません。

ではどうすればよいか?ワキガの方に一番お勧めなのが脇毛の脱毛です。
脇にかいた汗が蒸発する時に雑菌が増殖するわけですが、腋毛があると毛に汗が付着し、汗の蒸発量が増えてしまいます。これがワキガの原因となるわけです。

この脇毛、ワキガを撒き散らすアンテナになってしまってるわけですが、フェロモンも撒く役割もあるので、一概に否定はできませんが、ワキの臭いが気になるのでしたら処理するのが一番早い方法です。

・他にできること

他の汗の臭い対策は、生活習慣の改善で、食べ物の見直しです。
どういうことかというと、発汗時に出る皮脂の量を少なくしようというわけです。

肉や油を沢山つかった料理、ラーメンなどを控えることにより体内から出る皮脂の量も減らしてしまおう、雑菌にとってのエサを減らそうっていうことです。

ここまでが自力でなんとか出来る範囲だと思います。
これでもダメな方は、市販されているデオドラントスプレーを使用したり、汗ふきシートで脇を清潔に保つ、こういったことをしてみるとかなり改善されます。

他にもワキガ対策のものはありますが、結構値段が高いものが多くだれもが気軽にできるものでないと思います。
上記の対策方法やこれらの商品なら値段も高くないので、学生の方でもできる対象方法でお勧めです。