汗の季節である夏に気をつけたい足の臭い

汗をかきやすい夏には体の様々な部分の臭いが気になります。
特に一日中靴と靴下の包まれている足は蒸れやすいため、強烈な足の臭いを発することがあります。

元々足は汗腺が多い部位で、1日に約コップ1杯程度の汗をかいています。
また、靴や靴下を履いているせいで高温多湿になりやすく、他の部位よりも雑菌の繁殖力が高くなり、臭いも強い傾向にあります。

足の臭い対策に重要なのはまず、足を清潔にすることです。
お風呂に入ったらしっかりと石鹸やボディソープで足を洗うようにして、常に清潔にしておくようにしましょう。

また、指の間や爪の間にも汚れや古い角質がたまりやすく、雑菌のえさとなりますから、しっかりと洗っておくのが大切です。

かかとなどの固くなった角質は日中の汗でふやけていまうと、雑菌の格好のえさとなり、足の臭いを強めてしまう原因にもなります。普段から角質ケアをするようにして、古い角質がたまらないようにしておくのが良いでしょう。

また、足の臭いや汗、雑菌などが移ってしまった靴は、しっかりと殺菌効果のあるスプレーなどで殺菌し、しっかりと乾かすようにしましょう。

同じ靴を毎日履かないようにして、数日単位でローテーションさせると効果的です。消臭タイプのインナーもありますから、靴の中に入れて使用すると良いでしょう。

そして、一番臭いが強くなるのが靴下やストッキングなどです。
しっかりと臭い成分や雑菌などを消しておかないと、洗濯してもすぐに足から臭いを発するようになります。専用の洗剤などを使用して、臭いの元を断つようにしましょう。

そして、夏場は日々のフットケアにも力を入れましょう。
締め付けのきつい靴や靴下を避けるようにして、通気性のよいものを履くのが大切です。また、靴下も同様に通気性の良い素材のものを履くようにして、蒸れを極力失くすのが良いでしょう。

そして、足用のデオドラントスプレーもありますし、女性の場合はストッキングの上から使用できるタイプもあります。
最近では足汗を抑えるデオドラント足汗を止める対策なども販売されていますのでそういった商品を使用して、汗とニオイを予防しましょう。

殺菌と消臭効果に優れたフットスプレーを使用して、こまめに汗と臭い対策するようにしましょう。